三重県にある建築設計事務所です。住宅や店舗、オフィスなどを中心に設計監理を行っています。その創作活動の視点から気づいたことを伝えます。


by ads-y
この日は建築主さまへ、建物のお引渡し数日後に、竣工写真の撮影をさせていただきました。
c0220674_1132873.gif

リビングとシアタールームの間に中庭があります。
その中庭の床と壁は白色で仕上げられています。
この白の空間と、青い空や山の緑の対比がとてもよく、そこを絵にしているところです。

建築カメラマンは、私たちが昔、修学旅行で集合写真を撮ってもらった時のような、大きなカメラを使います。
フイルムは4‘×5‘バンと言われる大きなものだそうです。
デジカメのように何枚も撮るわけに行かないので、寸分の狂いもなく、ていねいに、正確に撮影します。
そのため撮影中、特にカメラのセッティング中は緊張感が走ります。
私たちもとなりで、撮影のアシスタントをしているのですが、このときにあまり下手な冗談を発すると、場がとてもしらけるので注意が必要です。
左手の若者はわが事務所のⅠ君です。
[PR]
# by ads-y | 2009-11-13 10:32 | 仕事
この日、隈研吾設計の東京ミッドタウンで大賞の選出と入賞者の表彰式があり、参加してきました。
下の写真は大賞選出会場の様子で、15件のプレゼンテーションが行われました。
c0220674_19423936.jpg

その内容は日本のトップクラスです。とても美しいです。

私共は普通の入賞なので下記のような展示になっていました。
c0220674_19431485.jpg

左から2列目、上から2段目の黒っぽい色の、通路のような作品です。
そして、その真上が竹中工務店、
斜め右上が丹下健三建築設計事務所、
右横が日本設計、
左下が佐藤総合計画、と有名どころに囲まれ、
うれしいやら、押しつぶされそうやらで、固まっています。
また来年も、ここに挑戦するつもりです。
[PR]
# by ads-y | 2009-11-09 19:51 | 楽しかったこと
飯場、箱バン、プレハブ事務所
c0220674_20504885.jpg

この日は午前中、現場に設置してある仮設事務所での打ち合わせでした。
仮設事務所のことを「飯場、箱バン、プレハブ事務所」などといいます。
若いスタッフはに「飯場」は意味不明だと思いますが、
昭和の高度成長時代あたりまでは、土木建築業界用語の標準語でした。
車移動が困難な時代、職人さんや監督さんは現場で泊り込みをします。
現場に仮設の小屋を建て、そこで寝起き、食事をしていました。
そのご飯を食べるところの意味で、飯場といわれたそうです。
ここの現場の人たちはみなさんいいかたで、
狭い飯場の中でもニコニコして仕事をしています。
[PR]
# by ads-y | 2009-11-04 21:10 | 楽しかったこと

鉄骨柱梁の加工検査 

部材の寸法検査
c0220674_19403474.jpg

超音波探傷検査
c0220674_19412749.jpg

今日は鉄工所で、検査をしました。
ご覧の通りです。
人間にたとえるなら、人体の骨組を作っていて、
背骨、さ骨、あばら骨、などのパーツです。
組立作業時に骨が1本足りなかったり、
関節が入らないと困るので、
まえもって、その形状や強度のチェックをします。
下の写真は、接合部の溶接検査です。
その溶接の中身は目では見えないので、
音波を使ってしらべます。
妊婦さんの、お腹の胎児の様子を確認するエコーと同じ原理です。
したがいまして、検査担当者は鉄骨にゼリーをぬり、
どれどれと言う表情で探知機をあてます。
[PR]
# by ads-y | 2009-11-02 20:05 | 仕事

新聞社の取材 

四天王寺動物供養浄苑内での取材風景
c0220674_194434.jpg

この施設がグッドデザイン賞取得をしたおかげで、新聞社の取材を受けました。
本施設の必要性から、設計について求められたことや、デザインコンセプト、工事内容、
そして現在の運営、利用者状況など、総合的な取材内容です。
現在の状況は、お寺の奥様からていねいに、ご説明をいただきました。
その記事は早くて、来月第一週の火曜日に新聞記事になります。
とても楽しみです。
ペット愛好者の方はぜひご覧ください。
その時になれば、供養のサービスや、利用料金も、お問い合わせください。
[PR]
# by ads-y | 2009-10-29 19:50 | 仕事