人気ブログランキング |

三重県にある建築設計事務所です。住宅や店舗、オフィスなどを中心に設計監理を行っています。その創作活動の視点から気づいたことを伝えます。


by ads-y

コンクリート基礎の外張り断熱

全体基礎配筋
コンクリート基礎の外張り断熱 _c0220674_17524599.jpg

外張り断熱材施工
コンクリート基礎の外張り断熱 _c0220674_17531850.jpg

基礎深さは約設計GL-900(90cm)です。鉄骨造なので、独立基礎部と地中梁部があります。
その外側に断熱材・ポリスチレンフォームt=50(5cm)2種を型枠に貼り付けコンクリート打込み密着工法です。
そのほうが基礎と隙間なくくっつき、施工手間も軽減できるからです。
基礎の外に断熱材を施工するそのわけは、
建物全体を外断熱としていること。
土壌蓄熱暖房設備を採用していること。
です。
この断熱材はとても性能よく、キャンプ時にテント内の地面や、災害時の土の上に敷き、その上に寝ころがると大変暖かく、快適です。
値段は少々お高いですが、1家に数枚、おすすめです。
by ads-y | 2009-10-26 18:09 | 仕事