三重県にある建築設計事務所です。住宅や店舗、オフィスなどを中心に設計監理を行っています。その創作活動の視点から気づいたことを伝えます。


by ads-y

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三重県内の住宅の上棟 

三重県内の木造住宅の上棟です。
c0220674_19425483.gif

先日から、雨や季節外れの寒波など、天候不順に見舞われていましたが、
この日は朝から青空が広がり、予定通り作業を始めることが出来ました。
建築主さまはもとより、監督さん、棟梁、職人さんのご協力があり、
順調に軸組みが出来上がり、夕方には屋根(棟)を上げることが出来ました。
ありがとうございました。
この写真がそのときの様子なんですが、なにか違和感、いや親近感があります。
私たちが子供だった、昭和の時代の空気が漂っています。
田んぼと、その向こうの瓦屋根の風景が、そのようにも感じるのですが、
左下のトラックが、時代錯誤です。
調べてみると、日産自動車の前身、プリンス時代の商用車クリッパー
(1976年-1981年)3代目らしいです。
そしてなんと、この現場を担当していただく棟梁のトラックでした。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by ads-y | 2010-04-22 20:05 | 仕事
この日は建築主さまへ、建物のお引渡し前に、竣工写真の撮影をさせていただきました。
c0220674_2113517.gif

建物が完成するたび、最終作業として竣工写真の撮影をします。
ものを作り上げた達成感、建築をつくる機会を与えてくださった皆さんへのありがたさ、またこの後建物を引き渡してしまういとおしさ、などさまざまな思いがめぐります。
とても幸せなことです。
そして、この最終作業には力が入ります。太陽や雲の動きの調整、インテリアのセッティング、外部の映り込みなど朝から夕方までカメラマンともに緊張の連続です。
大変疲れます。
そのため、複数人で手際よく作業を進めるようにしています。私たちはもっぱらアシスタント役ですが。
写真中、黒っぽい人がプロのカメラマンです。
黄色の若者はわが事務所のKさんです。
室内から中庭の描写で、アングルの確認をしているところです。
[PR]
by ads-y | 2010-04-14 21:35 | 楽しかったこと

屋根の断熱材

屋根の断熱材はポリスチレンフォーム
c0220674_19595661.gif
c0220674_200519.gif

豆腐が3丁、並んでいるように見えますが、これは屋根面に敷き詰める断熱材です。
カネライトフォームは商品名で、建築的には押出法ポリスチレンフォーム保温板と言います。
この建物では3種b・厚さ45mmを使用します。もちろんフォースター。かっこいいでしょう。
屋根の梁材の上に直接、厚合板を貼り付け、垂直荷重及び水平力を負担させます。
この厚板の上に45mmの断熱材を敷き詰め、その上に15mmの空気層を作ります。
さらにその上に普通合板+防水シート+屋根材と施工して全体を作ります。
このようにすると断熱効果はもちろん、屋根からの雨の音もほぼ聞こえなくなります。
少しばかり費用はかかりますが、このように施工しておけば安心感が生まれます。
ぜひお試しください。
[PR]
by ads-y | 2010-04-09 20:31 | 仕事

建物の完成検査2 

この日、建物の完成検査です。
c0220674_17595953.gif

c0220674_17591423.gif

工務店の監督さんとわれわれ設計事務所が、建物の外部と内部を隅々まで見てまわり、その完成具合を確認していきます。
クロスの貼り上がりや、フローリングのキズなど一般的に目に付きやすい所です。
さらに建具や家具の可動部のスムーズさ、建て付けの垂直水平を見ます。
外部の網戸の取り付け具合も重要です。
そしてガスレンジやエアコンなど設備機器の調子、照明器具のセッティングなど気になるところです。
建物が完全に仕上がり、100満点で建築主さまにお渡ししたいと心がけています。
下段の写真は子供がいたずらをして、お母さんにしかられている場面ではありません。
現場をまわりながら手直し項目をメモして、最後に監督さんとそのメモの読み合わせをしているところです。
[PR]
by ads-y | 2010-04-02 18:15 | 仕事