三重県にある建築設計事務所です。住宅や店舗、オフィスなどを中心に設計監理を行っています。その創作活動の視点から気づいたことを伝えます。


by ads-y

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新聞社の取材 

四天王寺動物供養浄苑内での取材風景
c0220674_194434.jpg

この施設がグッドデザイン賞取得をしたおかげで、新聞社の取材を受けました。
本施設の必要性から、設計について求められたことや、デザインコンセプト、工事内容、
そして現在の運営、利用者状況など、総合的な取材内容です。
現在の状況は、お寺の奥様からていねいに、ご説明をいただきました。
その記事は早くて、来月第一週の火曜日に新聞記事になります。
とても楽しみです。
ペット愛好者の方はぜひご覧ください。
その時になれば、供養のサービスや、利用料金も、お問い合わせください。
[PR]
by ads-y | 2009-10-29 19:50 | 仕事
建築デザイン研究所のメンバー
c0220674_17233340.jpg

この度、新しいメンバーが入ります。
それにより研究所には、
新鮮な風が吹き、
明るい光が差込み、
しっとりとした、みずみずしさが流れ、
一味違う風景が見えます。
そして何より、新たな設計力がくわわり、
さらにパワフルになります。
これからの設計作業が楽しみです。

さて、この写真の中で、どの人が新しいメンバーでしょうか。
(ブログを書いてる私はカメラを持っているので、写真に入っていません。)
[PR]
by ads-y | 2009-10-28 17:45 | 楽しかったこと
全体基礎配筋
c0220674_17524599.jpg

外張り断熱材施工
c0220674_17531850.jpg

基礎深さは約設計GL-900(90cm)です。鉄骨造なので、独立基礎部と地中梁部があります。
その外側に断熱材・ポリスチレンフォームt=50(5cm)2種を型枠に貼り付けコンクリート打込み密着工法です。
そのほうが基礎と隙間なくくっつき、施工手間も軽減できるからです。
基礎の外に断熱材を施工するそのわけは、
建物全体を外断熱としていること。
土壌蓄熱暖房設備を採用していること。
です。
この断熱材はとても性能よく、キャンプ時にテント内の地面や、災害時の土の上に敷き、その上に寝ころがると大変暖かく、快適です。
値段は少々お高いですが、1家に数枚、おすすめです。
[PR]
by ads-y | 2009-10-26 18:09 | 仕事
キッチン越しに見えるカメラマンとスタッフ
c0220674_14104517.jpg

この日は朝から夕方まで写真撮影です。場所は志摩半島。カメラマンは建築業界ではとても有名な方で、いわく午前中が勝負だとのこと。それにしたがい朝8時30分に近鉄鵜方駅までお迎えに行きました。こちらも遅刻すると大変なことになるので、前夜は目覚まし時計と携帯電話のアラームをダブルでセット。合流してから車移動出30分。撮影開始は9時30分からでした。中庭のある家なので、空間のバランス、光の効果、背景の映り込みなど、などさまざまな要因を考え、バシバシとシャッターを、なんのためらいも無く切っていく。この家の特徴は太陽の光と、白いインテリアで、出来上がりの期待感が大きく膨らむ。数十カットを撮り、終了は午後6時。これから品川まで帰るといわれるので車を飛ばして駅まで送り、無事乗車。撮影は気合が勝負だと実感。・・・・・奥に見えるスタッフは施工関係者です。
[PR]
by ads-y | 2009-10-23 14:18 | 仕事
私たちの事務所です。画面左の薄グレー色(この写真ではグレーですが、実際はブルーに近いです。)の建物4階です。その名前はエンデバービルといいます。名前の由来はNASAのスペースシャトル・エンデバー号から取ってると思うのですが、少々ハイカラな大家さんのことですので、何かしらの夢と希望を抱きながら命名したものと思い、私たちもそれを信じ切って入居しています。
c0220674_1940188.gif

目の前は津駅で近鉄・JR・伊勢鉄道のホームがあります。遠方の現場監理や、県外での設計打ち合わせの移動にはとても便利です。窓をあけて作業をしていると、電車発着のアナウンスや、車掌の笛の音が聞こえるくらいで、窓を1日に何回も開けたり、閉めたりしています。またその笛の音も車掌によって微妙な違いがあり、それについて、いろいろと説明しなければいけないことがありますが、また機会があればお伝えします。特急電車のブレーキ音の話もあります。エンデバービルのフロントには車3台駐車できます。どうぞお気軽にお越しください。
[PR]
by ads-y | 2009-10-21 20:08 | 仕事

はじめまして 

ADSの日常の活動について日々綴っていきます。
[PR]
by ads-y | 2009-10-19 21:04